頭蓋骨には収まりきらない脳

カテゴリー|


Your Brain is More Than That Thing in Your Skull

 

by Baxter and Nina

 

あなたの脳は、心臓や肝臓のような体の臓器の一つです。

 

それは頭蓋骨の中にあり、他の体に比べると気づきにくい傾向にあります。

 

ですが、神経のネットワークを通して、それは本質的にあなたの体の

 

他のすべての臓器、構造、およびシステムに関わっています。

 

 

ですから、私たちの他の臓器や循環を健康に保つために私たちがやることは、

 

脳に影響を与えることです。

 

それは驚くほどのことではありませんが、私たちは驚いています!

 

新しい言語を学び、音楽を演奏し、クロスワードパズルをするなど、

 

新しい情報や経験を与えるだけで、脳を健康に保つことができると考える傾向があります。

 

しかし、単純な身体運動が精神運動よりも重要である可能性があります。

 

実際、双子の脚の強さと認知能力の両方を調べた最近の研究では、

 

運動の結果として足の強さを維持した方は、運動していない方よりも

 

記憶力やその他の認知機能が優れていました。

 

 

しかし、心臓血管の健康を目標にプラクティスすることは、

 

脳の健康に特に役立つかもしれません。

 

私たちの同僚のラム(Ram)は、「心臓に良いものは脳に良い」と言います。

 

健康な食事は心臓や他の臓器の健康にとって重要なのと同じように、

 

私たちの脳にも同じことが当てはまるからです。

 

 

「脳」を構成する基本的な要素について少し学ぶことで、

 

ヨガのプラクティスが脳の健康にどのように影響するかを理解するのに役立ちます。

 

 

脳: 私たちが脳と呼ぶ臓器は、あなたの頭蓋骨の中にしっかりと収められていて、

 

脳幹の形で脊髄に向かって伸びています。

 

あなたの頭蓋骨にある脳の部分には、

 

さまざまな機能に関連するさまざまな領域があります。

 

例えば、脳のより深い部分は、消化、血圧、

 

ホルモンバランスなどのバックグラウンド機能を扱っており、

 

より深い部分は意識的な思考や行動に関連する活動に関わっています。

 

 

私たちの人生を通して、脳は “神経可塑性”というプロセスを経て変化し、

 

癒し、成長することができます。 刺激と学習に応答して、脳は活発に成長し、

 

自己を再結成します。 あなたのヨガの練習では、ヨガの哲学を掘り下げることはもちろんのこと、

 

新しいポーズや練習を学ぶことで、脳を直接刺激します。

 

あなたの脳の可塑性に影響を与える他の要因そして、ライフスタイル、環境、運動が含まれます。

 

したがって、運動やストレス管理にヨガを使用するだけでなく、

 

生活や環境に関する健康的な選択肢をサポートすることは脳の可塑性に役立つのです。

 

 

脳はまた、健康状態に強く影響されます。

 

例えば、慢性的なストレスは、あなたの脳が日々どのように機能するかに、

 

影響を与える可能性があります。あなたの思考を曇らせ、長期間に渡って、

 

脳の構造を変化させることさえあります。 循環系は脳に影響を与えます。

 

なぜなら、突然の血流の変化がめまいや失神、極端な場合には脳卒中を引き起こし、

 

永久的な損傷や死に至る可能性があるからです。

 

 

睡眠は、少なすぎると眠気に苦しみ、短期間に集中できなくなり、

 

長期的には記憶力や身体能力が低下するため、健康な脳機能に強い影響を与えます。

 

そして科学者たちは、睡眠は脳からの毒素を取り除くのに役立ち、

 

脳からの長期的な健康に不可欠な体内からの排出を助長すると現在は信じられています。

 

 

一般的に、運動、ストレス管理、循環器系の健康維持、睡眠の改善、

 

健康的な食事のサポートにヨガを使用することは、

 

あなたが地元のヨガコミュニティに参加するように、脳の健康に貢献します。

 

続く・・・・・

 

dsc_0023_44

 

 翻訳 よりこ

関連記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 >