西洋医学の補助療法としてうつ病治療に有効なヨガの効果

カテゴリー|


西洋医学の補助療法としてうつ病治療に有効なヨガの効果by Nina

今日は 補助としてのヨガ 
慢性的なうつ病に関する健康教育:ヨガとうつのランダム化比較試験 
の簡潔なメモからお伝えします。

ヨガが抗うつ剤を服用している人の
うつ病改善のための補助剤として
有効だということです。
抗うつ薬は必ずしも効果があるわけではないので、
研究者はハタヨガの有効性を補助治療として
研究することにしました。

sciencedaily.comによると、
リード科学者のDr. Uebelackerは次のように述べています。

“私たちは、ヨガ参加者は時間の経過とともにうつ症状が軽くなる
と簡易抑制うつ症例尺度(QIDS)の測定ででるだろう
という仮説を立てました。
また、コントロールした組では、
よりよい社会的な役割機能、一般的にいう健康知覚、
身体機能の改善、それに加え身体的な痛みは減少した。
とDr.Uebelackerは言いました。

ヨガはうつ症状に影響を与えていることが分かった。

現在までのうつ病のヨガに関する最大の研究で、
研究者は、うつ病の症状がある抗うつ薬を服用している人達に、
ランダム化比較試験を実施しました。
63の課題からなる授業を毎週実施。
コントロール組では59の課題が健康教育授業 
(健康的な生き方 ワークショップ)
いずれも10週間、フォローアップ後3カ月、6か月と測定。
最初の10週間の評価後に双方に有意差は見られませんでしたが、
フォローアップ評価では、ヨガを実施した組のうつ病のレベルが低く、
他の点でも改善されていることが示されました。

2

関連記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >