症状別ストレスマネージメント法

カテゴリー|


Using Stress Management Techniques for Medical Conditions by Baxter and Nina

症状別ストレスマネージメント法

 

もしあなたにストレスが関わっている病、心臓病、高血圧、糖尿病、肥満や消化器官の乱れなどがあれば、慢性的なストレスを軽減することでとても有益なことがあるかもしれません。ストレスマネージメントは、- 不安症やうつを含む - 感情の乱れにも役立ちます  それらはストレスが原因だったり悪化させていたりするからです。

 

なぜならストレスマネージメントで、慢性的なストレスを軽減することは興炎症に関する問題、関節炎のほとんどを含むだけでなく特定の胃腸の状態、セリアック病や漏出性腸症候群など、炎症を軽減するのに役に立つからです。

 

一般的に、ヨガのストレスマネージメントテクニックは、すべてのストレスレベルが軽減され進行しているストレスが関わっている病気の予防医学になりえます。それは治癒的にもなりえます。なぜなら多くの重要な時間をあなたの免疫系および修復システム、休息と消化を最適に機能し続けさせるからです。つまり、ストレスマネージメントは緩和的な技法として役立ち、慢性的な病気と共に生きるストレスに使うことができ、生活の質を上げることができます。ストレスマネージメントを練習するにあたり、あなたの医学的健康状態にいくつかのコツをお伝えします。まずは身体の不調、次に感情の不調についておはなしします。 リラクゼーション反応とヨガに健康な方向けのストレスマネージメントにかんする情報を掲載しています。

 

注意事項:一般的にストレスマネージメントはとても安全です。しかしながら、瞑想はうつや不安症に一般的には進められていません。なぜなら、一人自分のでぃこうに向き合い座ることは負の連鎖に陥ることがあるからです。ですから、あなたを導くことができる経験ある先生がいない限り瞑想は避けることにしましょう。コントロールのできない高血圧の方は全てのまた一部逆転のポーズも避けましょう。

 

身体的不調
消化器官の不調のためには、一定の期間、症状が活動的でなければ、活動的なポーズでダイナミックなものと静かなポーズそしてリストラティブヨガ、瞑想、呼吸法などバランスよく含んだストレスを軽減するシークエンスを練習します。
活動的な兆候であれば、穏やかでダイナミックなポーズ、リストラティブヨガを含む優しいポーズに留めておきましょう。そうすることで、腹圧(例えば、コブラのポーズ、バッタのポーズなどはしない)とねじりを避けます。ですが、あなたにあったどのストレスマネージメント、リラクゼーションへのフォーカス、静かな呼吸法の練習、瞑想などのテクニックも使うことができます。多くの消化器系の問題は支えのある逆転のポーズもいいでしょう。したがって、裂孔ヘルニアや逆流性食道炎など時として逆転のポーズがよく働かないケースもあります。そのときは逆転系を避けましょう。
炎症が関係する状態では、アーサナ以外の練習で自分に最も最適なストレスマネージメントのテクニックを使うことができます。足を床につく際の腰の炎症に支えのある逆転ポーズは特に役立ちます。
心血管疾患は、特に瞑想、穏やかな呼吸法の練習、リストラティブポーズ、意識的なリラクゼーション、すべてのリラクゼーション法が役立ちます。ただ鬱血性心不全などにおいては、床にそのまま横になるシャバーサナが炎症をもたらすこともあるので注意しましょう。そういったケースでは頭と胸を高くすることで炎症が和らぐかもしれません。頭と胸を安全にシャバーサナができる位置におきましょう。

続く…

67cb902f301171874db1b36fb65b12c7b32253fastd

関連記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >