消化の仕組みとヨガ ~後編~

カテゴリー|


消化の仕組みとヨガ

 

バクスター

 

いくつかの点で、いいお知らせです。

 

以前ヨガとストレスについてお話したように、

私たちは過剰交感神経刺激のバランスをとる自律神経パターンと副交感神経刺激の適度な割合に、影響することができて、休息と補給の適度なバランスを身体に許可できます。

 

つまり、以下のための用語をつくると、副交感神経は“休息と消化の反応”となります!

 

私たちがアクティブポーズを含めヨガの練習のバランスポーズ、休息のポーズ、気づきの呼吸やリラクゼーションをとるとき、おもしろいことがおこります:私たちの消化の仕組みはしばしば歓迎されない症状で効率よくなる(どうゆうことをいっているかというのはあなたの経験からくる想像にお任せします!)。

 

つまり、消化の仕組みが複合的ということは、ヨガの練習にはそれを促すとてもすばらしい接点、消化可能な状態をサポートし、私たちの意識を通して自律神経系の働きに効果的だということです。 もっと明確にいうと、リストラティブやヨガニドラの練習で、あなたは交感神経系が活動しすぎでストレスの下にあると気づきます(あなたの闘争か逃避反応)。

 

もしあなたがベイエリアにいらっしゃって、消化の仕組みとヨガについてもっと学びたければ、6月2日から4日までカリフォルニアのベーカリーストリートの私のクラスに参加することをお考えくださいませ!

IMG_3316

 

関連記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >