ヨガと痛みの関係 ~後編~

カテゴリー|


ヨガと痛みの関係  ~後編~

ニナ・ゾロトウ 

 

 

リラクゼーション

 

多くの生徒がリラクゼーションテクニックは、

 

片頭痛や腰痛そして線維筋痛などの慢性的な痛みを軽減し、

 

生活の質を高めると知らせてくれました。

 

なぜなら、意識的なリラクゼーションの実践はものの数分で、

 

ストレス反応による痛みを止め、免疫を作動し、消化そして再生と組織の成長に効果が表れ、

 

これが燃えるような激痛に、重要な第一線の練習なのです。

 

ですから私たちは、意識的なリラクゼーションを急性の痛みにも慢性の痛みにも、

 

実践することをとてもおすすめしているのです。

 

いくつかの方法を試してどれが最も自分の状態に合うかを試してみてくださいね。

 

 

意識したリラクゼーション、全てのヨガのストレスマネージメントの練習は痛みを軽減します。

 

そして意識的なリラクゼーションはその中でも特に役立ちます。

 

リラクゼーションに集中します。リストラティブポーズのいくつかを練習することは、

 

意識を痛みから呼吸や体の感覚に意識をむけたり平和なイメージに移行していきます。

 

録音された音声の指示に従う誘導的なリラクゼーションは特に痛みに効果的です。

 

なぜならそれほどの集中力を必要としないしからです。初心者の方に特におすすめです。

 

 

瞑想

 

ヨガのストレスマネージメントの全てのように、瞑想もリッラックスを促し、痛みに効果的です。

 

しかし、いくつかの瞑想法(呼吸への気づき、マントラを繰り返す、ビジュアラゼーション)

 

は耐性を向上させると、研究が示しています。

 

それについては下記の中にいくつか書かれています。

 

特におすすめなのが Techniques for Managing Pain with YogaChanging Your Relationship with Pain. です。

 

img_3321

関連記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >