ヨガと痛みの関係 ~前編~

カテゴリー|


ヨガと痛みの関係

ニナ・ゾロトウ

 

皆さんはヨガの練習を痛みの軽減のために使ったことはありますか?

 

もしそうでなければ、どのくらい効果的かということに驚くでしょう。

 

ヨガにはいくつかの痛み軽減のテクニックがあります。

 

それは場合によっては痛みを取り除くことさえあります。

 

例えば、ストレスを軽減することでストレスからくる

 

頭痛や筋骨格の健康状態の改善によって

 

腰痛がなくなる場合もあります。

 

急性の痛みに関していえば、

 

ヨガの呼吸やリラクゼーションテクニックが痛みを軽減してくれます。

 

 

それからストレスマネージメントの練習は感情が関わっている痛みを軽減してくれます。

 

慢性の痛みでは、ヨガが痛みの軽減や人間関係を変えていくことを支え、

 

人生の質を上げてくれます。  (Changing Your Relationship with Pain).

 

ヨガを痛みの軽減に使うとき、3つの異なる方法があります。

 

  1. アーサナ
  2. 呼吸法
  3. リラクゼーション

 

私たちはそれぞれ違った状況と必要性と好みがあり、

 

合うものを選ぶか、いくつか組み合わせてみましょう。

 

アーサナ
慢性的な痛みによって動きが鈍くなることが時々あったとしても、

 

研究が示すように、静的動的の両アーサナは痛みを軽減し、

 

身体機能が向上し、腰の痛みや関節炎を含む特定の範囲の痛みに

 

使用する薬の量が軽減します。

 

さもなければ動くことに消極的になりますよね。
なぜかというと、穏やかに適度な運動をすることが身体の痛みを軽減させるからです。

 

ヨガアーサナは筋肉の緊張を和らげ関節の可動域を広め、強い痛みも軽減します。

 

精神力や身体の状態を向上させ、特定の状態や、潜在的な状態を解消する手伝いをしてくれるかもしれません。

 

これは脳や筋肉の組織を巡回する酸素の量が増えることで、

 

エネルギーの状態と幸福感が高まります。

 

エクササイズでエンドルフィンを放出することで、

 

体の自然な痛みの緩和になり心的状態がよくなるからです。

 

最後に、習慣的な運動は睡眠の質も高めてくれます。

 

耐性も向上

(これについては 深い眠りになるための5つのポイント をご覧になると睡眠の質を上げる情報が見られます)。
関節になんだからの問題を抱えている人は、例えば関節炎など、

 

関節を可能な範囲で動かし筋肉をストレッチすることで

 

痛みの軽減や痛みを全面的に和らげます。

 

そしてマインドフルにヨガアーサナを練習することで

 

身体の感覚やそれに対しての反応や気づきを高めてくれます。

 

自分をいたわること許可していきましょう。
研究が実演するには、動きたくないと感じる日でも、想像力を働かせ動いている“想像” をすると

-アーサナをとっているような-

 

実際に準備が整い動くときに動きをより心地よく快適なものにしてくれます。

 

・・・続く

 

img_3321

関連記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >